上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、今回は一升瓶編です。

画像も7枚と多めですので、早速行きます。

写真の撮り方もバラバラですが、その辺はスルーでオネガイシマス



鰺ヶ沢 純米吟醸 しぼりたて無濾過生原酒
鰺ヶ沢
青森県西津軽郡:尾崎酒造


前々から気になっていた銘柄で、やっと呑めることに。

スッと入って来て、スーッと消えていく味わいは、食中としてもいけるし、

乾き物でも食いながら晩酌。てのにも良さそうです。

まだ一銘柄しか頂いていませんが、他にも呑んでみたいと思いました。



ささ一 純米生原酒
朝日鷹 特撰 本醸造

ささ一朝日鷹
山梨県大月市:笹一酒造
山形県村山市:高木酒造


ささ一は、中生新千本を使用。

朝日鷹は、最高の晩酌酒と言った所でしょうか。



鍋島 純米吟醸 風ラベル
鍋島風ラベル
佐賀県鹿島市:富久千代酒造



某酒屋さんでの限定取り扱い品。

一昨年からずっと飲み続けていますが、これからも飲み続けたい一本ですね~



国権 純米生貯蔵 てふ
国権てふ
福島県南会津郡:国権酒造



透明な瓶で、なんと化粧箱入りという贈答用としても喜ばれる一本!(笑)

もちろん家で一人で呑ませてもらいましたよ(大笑)

香りはおとなしく、軽めの旨みが広がります。



十四代 槽垂れ
十四代
山形県村山市:高木酒造



やはり呑みやすさ抜群で、嫁さんも何杯か呑んでいました。

3日目あたりから、ちょい苦味が出てきて自分的にはこっちのほうがアリかな。



大信州 純米吟醸生酒 特吟にごり
大信州純吟にごり
長野県松本市:大信州酒造



久々のアイスピックでどうなるかと、不安でしたがすんなり開栓。

ただピチピチ感がやばすぎる。

この爽快感。夏に縁側あたりで呑みたいかも。

うちには縁側なんてありませんがっ!!



大信州 純米大吟醸 仕込四十五号
IMG_1124
長野県松本市:大信州酒造



ひょんなきっかけで、2009年8月の仕込四十五号が手に入りました!

開栓直後は、熟成酒って感じで、

これは意見分かれそうだな~。

なんて思っていましたが数日経つと味、香りと一体になった感じで

なんとも呑みやすいお酒に。

どうせなら、開けてからも楽しみたいな。という事で今も飲み続けています。


他に、三芳菊 零のおりがらみなんかも呑みましたが、

コチラは写真ナシ・・・


ただの備忘録的な感じでしたが、最後まで読んでいただきありがとうございます!


↓よろしければ、ポチッとお願いします
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://5sjsake.blog31.fc2.com/tb.php/240-e433ae01
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。