上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
我が家のボウズは、1歳と3ヶ月です。
コドモと毎日戯れてみたり、一人で遊んでいる姿を見ていますと、日々成長する様子が手に取るように分ります。


昨日までは出来なかったボールを蹴ることが今日蹴れたり。


どこから持ってきたのか、プラスドライバーを持ってきて、ねじ回しの真似事をしてみたり。


誰に教えてもらったのか知りませんが、志村けんのアイーンの真似をしてみたり・・・



そんな小さな変化を見ているだけで、毎日頑張れます。



そして、もう一つ。火鉢テーブルにも変化を・・・


今の100円均一というのは、本当に何でも売っています。
今日買ってきたのは、木ダボ。

木だぼ  こういうやつです。40本入りで105円。


この木ダボを何に使うかと言いますと、火鉢テーブルの側面に使おうかと思ってます。

テーブル作成時には、コーススレッドというネジを使い作製したのですが、見た目がよろしくない。

そんな訳で、コーススレッドの代わりに木ダボでテーブルを固定することに。

テーブル木ダボ

まだテーブル自体色を塗っていない為に見た目はあまりよろしくないですが、なんとなく完成度が増した気がします。


********************

そして、今日の一杯。



           尾込商店 さつま寿
さつま寿


尾込商店の白麹使用のレギュラー酒になります。
なんとも言えないレトロ感のあるラベルがいいです。
そして、2000円以下の価格なのに、甘い香りと優しい味わいでおいしいです。
今はロックでいただいていますが、ぬる燗などでチビチビ楽しむのもいいです。


このお酒には特別な思い入れがあります。
うちのボウズがハタチになったら一緒に呑もうと思い一本寝かせてあります。

普通、二十歳の記念に。というのであれば、その年製造された高めのワインや、
焼酎であれば、もう少しプレミア度のある焼酎などが良いのだと思います。

しかし、ウチのボウズの名前には、「寿」という字が入るんです。

この「寿」という字は、自分の父と嫁さんのお父さん。と両方に入っているので、そこから頂いた字になります。

このような理由から『さつま寿』を寝かせてあります。
どのように変化するかはわかりません。

ビックリする程おいしくなっているかもしれないし、味が劣化して呑めたものじゃない。ってことになるかもしれませんw
それでも、自分の自己満足の為に寝かせ続けています。


そんな『さつま寿』を呑みつつ、ボウズの寝顔を見て一人ニンマリw





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。