上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつもの晩酌ですが、まずは開栓4日目にして残り2合と少しになった『而今千本錦』を冷でいただきます。

口に含んで、ゆっくりと味を楽しみます。

やはり甘さは控えめになりましたが、しかし、その甘さがなんとも優しい!!

口の中いっぱいに優しい甘さが広がります。

でも・・・

このまま全部呑みたいところをガマン。

1合だけ、数日間放置することに。

開栓してから何日間か本当に楽しめました。
体調や料理の組み合わせで味の感じ方は変わりましたが、やはり千本錦はうまかった。

一升3150円で、ここまで楽しめたのは大変満足です!!

未開栓の千本錦があと1本ありますが、これはちょっと寝かしておくことに。


********************


そして、呑むものも日本酒から芋焼酎へチェンジ。


        本坊酒造 縁 えにし
縁


紅黄金芋と黒麹で仕込んだ一品になります。
紅黄金の甘さを十分に引き出し、味、香りともっともバランスの取れた焼酎だと思います。

いままで、芋焼酎は150~200銘柄くらいは呑んでいるかと思いますが、自分の中ではもっとも基準となる芋焼酎だと思います。

それでもって、自分が居酒屋でもするのであれば、絶対に置きたい一本の一つであり、客が「おすすめないですかー?」なんて言った日には一番おすすめするのではないかと思いますw


自分の環境下で『縁』はいつでも買える銘柄であり、こればっかり呑んでいれば他の芋焼酎はいらないくらいです。
そんなにうまいならば毎日呑めばいいのですが、「呑みすぎて飽きたら嫌」という変な理由で、自分の中でたまにしか呑まないようにしていますww

『縁』は本当にうまいです。優等生とはこう言うのではないかと・・・


ただ、日ごろ色んな芋焼酎を呑まれている方から見ると面白みのない焼酎になるかと思うんですけどね;
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。