上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は天気も良かったので、埼玉の川越まで出掛けました。

喜多院 五百羅漢


川越大師喜多院に寄りながらブラつくことに。

ここ、喜多院は830年に慈覚大師によって建てられました。
「徳川家光誕生の間」「春日局化粧の間」などが見れます。
その他には、五百羅漢が有名で500数体の羅漢様がおられ
さまざまな顔があり、中々見ごたえがあり楽しいです。


駐車場が4:30までということなので、早めに切り上げて、蔵造りの町並みを散策することに。

川越1 川越2




小江戸川越と呼ばれているだけあり、蔵造りの町並みが
どことなく、なつかしいと言う気持ちにさせます。

りそな銀行の建物さえも、ルネサンス様式の建物で思わず一枚撮っていました(笑

蔵造りの町並みには、色々なお店がはいっています。

漬物屋・芋を使ったお菓子屋(川越は芋が有名みたいです。今日初めて知りました)・民芸品を扱うお店 など等。

その他に、お菓子横丁と呼ばれる所があり、そこではアメ細工を作ってくれたりします。


色々見ましたが、帰りの渋滞など考え早めに帰宅。

((本当は帰りがけに無濾過生原酒を買ってしまったので、早く帰り冷蔵庫で冷やしたかった為))
というのがだいぶ強いですが(笑



********************

そして、川越で購入しました『鏡山 特別純米無濾過生原酒』で一杯。


鏡山 特別純米 無濾過生原酒 雄町
鏡山 埼玉県川越市 小江戸鏡山酒造


平成12年に一度廃業しましたが、再興を望む行政、市民からの惜しむ声などを汲み、
平成19年に関係者の協力を元に再スタートした蔵元さんのようです。(スイマセン。よく調べてません


呑んでみますと、まず層のある甘みが目立ちます。

舌の上でジワーと広がる甘み。そして、少しだけ感じる酸味?渋み? 

今一番世間で呑まれているであろう、フルーティ路線であることは確かかと思います。

まだ開栓一日目ですが、中々のおいしさです。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。