上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日ひょんなことから、ビール券を入手しましたので、
たまに買いに行かせてもらっている国分寺市にありますなべや清水商店さんに行ってきました。


当初は、曽我鶴 萩の蔵酒造さんの『晴香』を購入予定で行ったのですが
もう在庫がない。とのこと・・・


ということで、第二希望だった『蓬莱泉 和』を買うことに。
まずは、ラベルを。


蓬莱泉 和 左蓬莱泉 和 中蓬莱泉 和 右


ブルーボトルとさわやかなデザインのラベルで期待は膨らみます。


ちなみに、名前の『和』というのは、「和は良酒を醸す」に由来しているそうです。
和という字は、「穏やかな様子」という意味と「人と人とのつながり」という意味を持ちます。


多分、上記の意味での『和』なんでしょう・・・タブン



蓬莱泉 純米吟醸 和
蓬莱泉 和 愛知県北設楽郡 関谷醸造


口に含みますと、やわらかい甘みを感じます。
やわらかいと表現しましたが、プルプルッというような甘みを感じました(笑
そして、嫌味のないあっさりとした酸が甘みを引っ張っていくように引いていきます。
(なーんか、抽象的で解りにくい表現でスイマセン;)


やはり、こういう甘みのある日本酒は、女性に好まれやすいのでしょうか。
ウチの嫁もすんなりと呑んでいます。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。