上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日、本屋にて「食楽 7月号」を購入しました。

食楽7月号


記事の「日本酒番付」は、今の売れ行き路線をよく表しているというか
流行の味を押さえているというところでしょうか。

他の記事ですと、「家呑みおつまみ」など
もっぱら家呑み派の自分としては、押さえておきたい所です。


そんな、「日本酒番付」一位に輝いた『鍋島』で一杯。



鍋島 純米吟醸 雄町 生原酒
鍋島 純米吟醸雄町生 佐賀県鹿島市:富久千代酒造
 

この鍋島・・・。本当は色々な鍋島を4合瓶で揃えて
呑み比べ!!とか贅沢な事をしようとしていたのですが、
ついつい開栓してしまいました(汗


封を開けますと、その瞬間からかすかにいい香りが。
杯に注いでも、その香りは漂ってきます。

いつも安いグラスで呑んでいますが、
ここまでよい香りだと、ワイングラスで呑んでも香りが楽しめるかも?
なんて思うほど、良い香り。


雄町だからここまでよい香りがするのか、
それとも『鍋島』だからいい香りがするのか・・・

日本酒好きの自分としては、香りを嗅ぐだけで
期待は膨らむ一方です。


呑む前からジューシーな感じがしますが、
口に含んでも、その感じはずっと続きます。

味もすばらしく、濃縮された果実感がフワッと口の中いっぱいに広がり
その後、優しい酸味がソレを包んでいくような感じ。。。


これは、早いうちの空けておいてよかったかもしれません!!


だって、まだある所にはある銘柄だけに
買い足せておけるから。です(笑



↓↓色々な方のお酒ブログがあります。興味ある方は是非。
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。