上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の記事で、風邪の事を書いた数日後に病院へ行ったのですが、


医者からは「気管支炎になりそうだねぇ・・・」などと脅かされました(汗


しかし、みなさんからお見舞いのコメントなどを頂いたおかげか無事に良くなりました。
(まだ微妙に咳は出ますが、まぁそれは時間の問題で、すぐになくなると思います)


色々とご心配お掛けしましたが、8/7の某会には万全の体調で挑めそうです。


さて、今日は久々に火鉢を出して楽しい夕飯?晩酌?をしました。


鳥皮揚げ

鳥皮のカリカリです。
これは、先日発売された雑誌出版 日本酒の季節の中に載っていた(肴)アテになります。


砂肝


砂肝とニンニクの芽を塩コショーで炒めたものです。
ニンニクの芽がいいアクセントになり酒も進みます。



チーズ揚げ


チーズを揚げたものです。
鳥皮を上げるのに油を使ったのでそのついでに。



エビ塩焼きとサザエつぼ焼き


そして、火鉢では、サザエのつぼ焼き、厚揚げ、エビの塩焼きなどを。



そして晩酌は、本来ならば『而今 千本錦』の呑み比べからなのですが、


風邪気味ながらもチマチマと呑んでいましたら残り1合くらいに・・・。


なので、変わりに三芳菊を!!


三芳菊 壱
三芳菊壱 徳島県三好市:三芳菊酒造


こちらの『三芳菊壱』ですが、ブログリンクをさせてもらっています、
純米吟醸が最高なんです さんが、ブログで書いていまして、思わず呑みたくなり購入したものです。



今日で開栓、2日目になります。

初日は、甘さが前面に押し出ている状態でした。
常温に近い温度で呑んでみましたが、言い方が悪い感じになってしまいますが
「うそくさい甘さ」と感じるほどに甘かったです。
自分はその甘さが好きですが、人によっては、しつこく感じるかも知れません。

2日目の今日も、その甘さは健在ですねぇ~。
ただその甘さの中にも、甘酸っぱい酸を感じることができます。


ネットで色々と見ると、リンゴのような蜜などと例えられていますが、
やはり、リンゴのような甘みと酸味を感じられますねぇ。


そしてこの『三芳菊 壱』ですが、これだけのうまさを味わえるのに
一升で¥2100というコスパの良さにもビックリです。


さて、あと数日間楽しんで呑みたいと思います。




↓↓色々な方のお酒ブログがあります。興味ある方は是非。
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。