上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の記事の「酒のなかがわ」さんで購入した

お酒を早速開栓しました。


『こんな夜に・・・山椒魚』は前にもブログで紹介しましたが

今回は、『こんな夜に・・・山女』を呑むことに。


今の所、『こんな夜に・・・』シリーズには基本的に3種類の

山椒魚、山女、鹿となっています。


山椒魚は3300円台。鹿は2600円台。

その中間として作られたのが山女(2900円台)


また、山椒魚より香りが高いという前評判を聞いているので

期待は膨らむ一方です。

そんな、中間的(値段的な意味でw)な山女を呑んでいきましょう。


こんな夜に・・・ 純米吟醸 瑞葉 山女ラベル
こんな夜に山女 長野県伊那市:仙醸



グラスに注いでいるとまず気がつくのが、

「お酒自体柔らかいのかな?」と感じるくらい

気泡も出ずに、杯にトロトロと入っていく感じがします。

開栓してすぐに四合瓶へ移し変えたのですが、

その時も、気泡があまり見かけませんでした。



グラスに十二分に注ぎ、まずは上立ち香を嗅ぎますと

すごく派手な香りがします。

この香りだけで、満足しそうな勢いです。


ぐわわー。じゅわ~ん。キューン。


【ぐわわー】
口に含んだ瞬間から、香りが膨らむ。膨らむ。

【じゅわ~ん】
とろ~んとした甘味が舌の上で広がります。
しかし、嫌味のない甘味でスッキリとまとまっています。

【キューン】
後半から来る酸味は控えめであり、余韻は短め。


香りは高いが、味のまとまりは素晴らしいものがあります。


来年には、新たなラベルが出るかもしれません。

そちらもすごく楽しみですねぇ~。


***************



さて、22年2月から始まりました、このブログ。

今年最後の更新となりました。

ブログを始めてから130回近く更新できたのも、

みなさんのコメントなどが励みになった為と思われます。

(コメントを残さなくてもチラ見してくださった方も)
 
本当にありがとうございます。


スタート当初から拙い文章で読みにくかったと思いますが、
(まことに申し訳ございません;)

これから(来年)も、うまい日本酒、焼酎を記事にしていきたいと思います。

23年度もみなさんと変わらずお付き合いできたら・・・

と思う所存でございます。



それでは、みなさん酔いお年を!!カンパーイ!!
   
    (*^∇^)/□☆□\(^∇^*)

↓↓ランキングに参加中です。よろしければ、ポチっとお願いします
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。