上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウチの「伊達直人」からもらった『こんな夜に・・・奔酒』

やっと開けることになりました。


こんな夜に奔酒澱


澱は、このように1センチくらい。

さて、開けてみます。



こんな夜に 山女 純吟 奔酒
こんな夜に奔酒 長野県伊那市:仙醸



初日、二日目と、甘酸っぱさのある酸味が舌先に

チリチリといった具合で刺激してきます。

三日目からは、チリチリから優しさのあるピリピリ感に・・・


ススーン。ピリじゅー。キリッ。


【ススーン】
含み香は大人しく、ゆるりとした酒質が伺えます。

【ピリじゅー】
舌上で、ピリッとした甘酸っぱさを感じます。
大人なカルピスサワーみたいな感じ!!

【キリッ】
見え隠れするような、ほんの少し苦味、
そして、引けの良い酸味で締めていきます。


開けたての、炭酸を味わうのもいいですが、

数日経った後の味わいも素晴らしかったですねぇ。

次あたり、雷鳥を呑んでみたいなぁ(独り言)



↓↓ランキングに参加中です。よろしければ、ポチっとお願いします
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。