上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もうひやおろしなんてのがボチボチ出始めています。

ひやおろしも、毎年買っている銘柄がありましたが、

今年はどうしようかと思っています。


そして、この時期に呑んでおきたいお酒があり、

ソレを開栓しましたので、今回の記事に。


飛露喜 純米吟醸 生詰
飛露喜黒ラベル
福島県河沼郡:廣木酒造




黒ラベルと呼ばれ、毎年8月頃に発売されるものです。

飛露喜というブランド力から入手するのも一苦労しますが、

今年も何とか手に入れることができました。


ふわり。ぐぐーん。ー。

【ふわり】
香るけど、軽い印象。
口に含んでも変わらない印象で軽い。
ただ軽いと言っても、味気がないというわけではありません。

【ぐぐーん】
旨味がぎっしりと詰まっています。
舌の上で転がしてみても、旨味はブレることなく続きます。


【ー。】
上の擬音はミスではありません。
酸味、苦味を感じますが、無音です。
呑んでみると、喉が開くというかぐいぐいといってしまいます。


どれだけ粘って呑んでみても、3日半で空になってしまう程の呑みやすさがありますね。

呑みやすいだけでなく、十分に旨味が詰まった大変おいしい黒ラベルでした。


試しに、ヨメさんに呑ませてみたら、「これは呑みやすいね~」

なんて言われ、もう一杯呑みたそうな雰囲気でした(笑)


⇓ランキングに参加中です。
 よろしければポチっとお願いします。⇓

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。