上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今まで樽酒に関して、ただの縁起の良い時に振る舞うものであって

味は二の次だろ。というのが正直な所でした。

しかし、今回頂いた樽酒はその思いを180度返させてくれるような

味わいでしたので、そちらを記事に。


吉野杉の樽酒 生囲い
吉野杉の樽酒
奈良県北葛城郡:長龍酒造



こちらの樽酒は、樹齢約80年の吉野杉のみを使用し

お酒を作るという大変こだわりのあるお酒のようです。


さて、お味は。と言いますと。


つぅーん。ぐわっわ。くー

【つぅーん】

杯に注いで嗅いでみますと、かすかに杉の香りがするような?という具合です。


【ぐわっわ】

口当たりは優しくするすると。

しかし、味を楽しむ前に一気に来るのが杉の香り。

その香りが口中に蔓延。これはクセになりそ・・・

こういう感じの含み香は苦手な人もいそうですが、

まぁそれは置いといて(汗

【くー】

一通り杉のあの香りを味わったあとには、

雑味ゼロのキレイな酸味でフェードアウト。



薬味をふんだんに使ったかつおのたたきや、

ポン酢で食べる餃子鍋なんかにバッチリと合いました。

暑くなってきて、さっぱりとしたご飯なんかが多くなる我が家ですが

こういう日にこそもってこいなお酒のような気がします。

最後までおいしくいただけました(笑


↓よろしければポチッと
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。