上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
帰宅すると、ヨメから一言。

「なんだか体調悪い。風邪っぽいかも」と。


実は、ウチの坊主が一週間程前からロタウイルスというのに罹ってしまい毎日ヨメは看病の日々でした。
自分は、仕事の都合上今の時期は風邪などになることは絶対いけなかったので、なるべく離れるようにしてました。
本当は、いっぱい遊んであげたかったのですが;

坊主は昨日あたりから、下痢なども落ち着き何とか治りつつあるところに、今度はヨメがダウン・・・


夕飯は食欲がないから食べたくない。と。
なら、夜食でも作っておいてあげようと思い、スーパーに行くとタコやハマグリが安く売ってます。

家のある材料は・・・と考えていたら、なんとなく答えが出ました。

夜食はトマト鍋を作ることに。



トマト鍋

・玉ねぎ
・タコ
・ハマグリ
・もやし

と適当な材料で作りました。

にんにくをみじん切りにし、オリーブオイルで炒めます。
ある程度炒めたら、玉ねぎを投入。(本当はココでベーコンを入れると尚おいしいです。)
少し色が付いてきたところで、ハマグリを投入し白ワインをぶっかけます。
ハマグリが開きだしたら、ホールトマトを入れ、
そこにタコとコンソメと水を150cc程入れ、ぐつぐつと煮込みます。

10分程したら、そこにモヤシをドバッと入れケチャップを適当に入れます。
(モヤシと同時にキャベツなども入れてもいいですが、今回はナシでいきました)
最後は塩と少しだけ砂糖を入れて味の調整。

うちはこの時点で、日本酒を少しだけ入れます。
特に意味はないけど、なんとなくうまくなりそうだから。という意味で入れてますw

一度火を消して十分に冷まして、再度火をつけ煮込みますw
タコがいい感じに柔らかくなったところで完成。


完成したし、食べさせるか。なんて思っていたのですがやっぱり食欲ないと。。。


てことで、自分が『村祐 常盤ラベル』をいただきながら、トマト鍋を食ってますw

うちの坊主もトロトロになった玉ねぎがおいしいのか、クレクレとせがんできます。(ちとうれしいですw


肝心の『村祐 常盤ラベル』ですが、開栓2日目ということで、やはり甘みが増した気がします。

雪冷えくらいの温度でいただくと、口当たりは白ワインを呑んでいるかのような感覚に陥ります。
最初、このワインのような感じの『村祐』が、口に入り体温に温められていき、温度が上がるにつれ段々と甘さが口の中に広がっていきます。
喉を通る頃には、あぁ、日本酒だ(笑) と再認識。

そんな白ワインのような『村祐』を呑みながらのトマト鍋。
トマトの酸味とうまくマッチして、すばらしい晩酌タイムに。

こりゃ、ヨメに食わせる為でなくて、自分が食いたかったから作ったんだな。と思いましたwww
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://5sjsake.blog31.fc2.com/tb.php/21-87116953
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。