上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、仕事が終わった後に車検時期を迎えたうちの愛車を
ディーラーへ預けに行ったりしていた為に
呑み始めるスタートが遅くなりました。。。


それに、車検等でお金がかかる為、
今月はストックを呑み続ける方向になりそうです;


そんな訳で、つい最近購入しました
『結人 純米吟醸 氷点下熟成 夏のあらばしり』を開栓。



結人 純米吟醸 氷点下熟成 夏のあらばしり
          結人 純米吟醸 氷点下熟成 夏のあらばしり  群馬県勢多郡:柳澤酒造


注いだ後にグラス内を浮遊するオリが
何とも言えない期待感を煽ります。

前回呑んだ、『『結人』 純米吟醸 直汲み生酒』が、あまりにおいしかったので
必然的に、「うまいんだろうーなー」と思わせます。


ちなみに、今日で開栓2日目になります。


初日は、開栓直後という事もあってか
舌をピチピチ、シュワシュワと刺激し
甘さよりも、酸によるフレッシュさばかりが先行して
自分の未熟な舌では甘旨さが味わえず・・・。

(でも、うまいことには間違いないですw
 こういうフレッシュ感が夏酒なんだと思います)


そして、開栓2日目の今日。

シュワシュワ感がなくなったせいか、
あの甘みが一気にくるように・・・。

そして、一通り甘さを味わった後にくるドライさ。
(酸味は、ほんの一瞬でドライな感じ。)


やはり、結人はうまかった。


*************************



最近は『鍋島』を結構な頻度で呑んでいます。

それは、期待を裏切らないうまさを自分の中で感じているからこそ呑んでいるのだと思います。

また『結人』もそれと同じように、期待を裏切らない絶対的な存在になりそうな気がします。



・・・・と、生意気な事をいってみました(汗




↓↓色々な方のお酒ブログがあります。興味ある方は是非。
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://5sjsake.blog31.fc2.com/tb.php/50-82d74c98
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。