上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
読書に関してですが、家ではボウズが邪魔してきたり
通勤に関しても、仕事場まで5分の距離の為、読む機会もなく
子供が生まれてから、読書なんていうのは皆無になっていました。
(雑誌などはちょこちょこと購入はしているんですが)



今日本屋に立ち寄ったところ、気になっていた本を見かけてしまったので購入。


京極夏彦 


京極夏彦の「死ねばいいのに」というものになります。


中々インパクトのあるタイトルです(笑



京極夏彦のノベルスは好きで全部読んでいますが、
どれもが楽しく読めたので、やはりこの本も楽しみですね。



*************************


純米吟醸 鼎
鼎表 長野県上田市:信州銘醸


この『鼎 かなえ』ですが、前回呑んだのは去年の11月くらいだったような・・・。
かなり久しぶりに呑みます!!

香りは、上立ち香、含み香ともに、品の良い感じです。
(この香りが、ちょっと強すぎるかな・・・)などと思う方もいるかも知れません。
自分は、この香りがすごく好きなんですけどね


口に含むと、最初にフルーティな感じがし、
徐徐に程よい酸味と、かすかな苦味を感じることができます。


自分の中では、この『鼎』ですが、家にいつでも置いておきたい一つに近いかも知れません。
呑み飽きしない味と、一升で2600円くらいというコスパの良さ。
(今回は4合瓶購入で、1400円でした)


ただ、いつも酒屋さんに行くと目移りしてしまい、
違うお酒を買ってきてしまうんですよね・・・(汗



鼎裏 
(↑興味のある方に一応と裏ラベルも。クリックで大きく表示されると思います)




↓↓色々な方のお酒ブログがあります。興味ある方は是非。
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://5sjsake.blog31.fc2.com/tb.php/58-7a55403b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。