上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何でも燗にしているのですが、今日は、以前開栓しておいた『嘉山 純米吟醸無濾過生原酒亀口』と『冬の月 純米吟醸生酒』を火鉢でゆっくり温めまして燗で呑んでみました。

見にくい画像しかないですが・・・
嘉山・冬の月 燗


まずは、『嘉山 純米吟醸無濾過生原酒亀口』をいただく。

やはり、甘いお酒は燗にしてもやさしい口当たりでおいしいですね。
しかし、喉元を過ぎるときに、若干のシュワシュワ感が!!


「甘いのに、さっぱり」という初めて味わう感覚で感動します。


次に、『冬の月 純米吟醸生酒』を呑んでみる。


まず、杯に注いでる時にとっくりの端を触ってしまい、その時に気が付いたのが・・・

『すごくベタついてる!!』

お米の成分だけでここまでベトつくものなのか。と関心しつつ口に含んでみると、
                  ↑変な言い回しになっていまいました^^;



やはり、うまいの一言です。

ただ甘いだけでなく、濃厚な甘みと、それに伴う芳醇な香り。


冬の月に関してですが、いつもは1升瓶で買って色々楽しむのですが、
今回は、4合瓶でしか(冷蔵庫の都合上)買いませんでしたが、「次に買うときは一升瓶で買おう!」と思いました。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://5sjsake.blog31.fc2.com/tb.php/7-2bb5528e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。